fc2ブログ

記事一覧

子ども部屋の広さ

子供部屋、何畳にする・・・!!
「子ども部屋の広さ」について考えてみたいと思います!
子供部屋

昔は、子ども部屋は6畳程度あって、勉強机とベット、収納棚を置いてもまだスペースが余るようなお部屋が一般的でしたし、またそれが良い・理想だとされていたような気がします。

ですが最近は、家族で過ごすリビングやキッチンにゆったりとしたスペースを持たせ、そこにスタディコーナーを作るなど、各個室よりもLDKを重要視した間取りが多いなと感じます。

またランドリースペースやファミリークローゼットを作るようになったのも子ども部屋が狭くなっている一因ではないかと思います。

 

子ども部屋が狭くなってきているとお話しましたが、実際に何畳あればどのくらいのスペースがあるのか見ていきましょう。

 

①6畳の子ども部屋

ベットと学習机、収納棚を置いてもまだスペースがあるくらいの広さ。お友達を呼んでも部屋で遊ぶことができそうです。

 

②4.5畳の子ども部屋

学習机とベットがちょうどぴったり収まるサイズのお部屋。

勉強道具や部活の道具など、物が増えてくると少し圧迫感を感じる場合もありますが、一人になれる空間としてはちょうどいいサイズ感だといえそうです。

 

③4畳以下の子ども部屋

4畳以下のお部屋になってくると、ベットと学習机を配置することが難しくなってきます。

この場合はロフトベットの下に勉強机を置くなど工夫が必要です。

勉強はリビングで、部屋は寝るだけと決めているなら4畳以下でもOKですね。

 

なんとなくの間隔がつかめましたでしょうか?

 

広い子ども部屋と小さい子ども部屋、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

広すぎると、子ども部屋にテレビを置いてお友達のたまり場になってしまう可能性があり、親が不在の時間が長い方は心配になってしまうかもしれませんし、リビングに全然出て来なくなるのが心配だと言う方もいらっしゃいます。

狭いと年齢を重ねて物が増えて行った時に、物で溢れてしまわないかという心配もありますね。

 

また、子ども部屋を考える時に、何年使うかという視点で考えてみることも大切です。

小さいうちは、両親と一緒にリビングで過ごす時間の方が多いでしょうから、小学1年生からお部屋を使うとして、、

高校生や大学生から自宅を出て一人暮らしするとなれば、子ども部屋を使うのは約10年…

親がずっとその家に暮らすのと比べると、子ども部屋を使う期間は案外短い可能性があります。

子どもが巣立った後も物置にならないで活用できるようなお部屋にできれば一番ですね。


お問い合わせはこちらから

アクトライフホームページ

最近気になる事や住まいのお悩みな等がございましたら、

どんな事でもどうそお気軽にご相談くださいね

どうぞ宜しくお願い致します。

品川リフォーム 目黒リフォーム 港区リフォーム 新築リフォーム マンションリフォーム

営業エリア:首都圏・東京・神奈川・千葉・埼玉他

新築工事・リフォーム(新築二世)工事・バスルームリフォーム工事・洗面所リフォーム工事・トイレリフォーム工事・

キッチンリフォーム工事・オール電化住宅・エコキュート・オールガス住宅・エコジョーズ・省エネ住宅・愛犬家住宅・

住宅エコポイント、バリアフリー、ペットリフォーム、長期優良住宅、リフォーム助成金・リフォーム補助金etc... 

オーダーメイド家具製作や家具のリフォームや修理も行っております。

エコカラット設置・エコカラットプラス設置・ホスクリーン設置・オーダーミラー設置

フロアコーティング インテリアオプションはアクトライフまで

品川区リフォーム助成金 品川区補助金リフォーム 

先進的窓リノベ事業 こどもエコすまい支援事業

こども未来住宅支援事業リフォーム補助金

TEL:03-3495-4399

メール:info@actlife.com

プロフィール

アクトライフ

Author:アクトライフ
品川、港、目黒リフォームはアクトライフまで。当社はマンションリフォーム、インテリア専門の会社です。
03-3495-4399



お問い合わせ #品川リフォーム #目黒リフォーム #港区リフォーム 新築リフォーム #コーティング インテリアオプションはアクトライフまで メールにてのお問い合わせ 電話番号 03-3495-4399 インスタグラム">品川区 リフォーム 助成金 品川区 リフォーム 補助金 こども未来補助金